【タクシージャパン特集】丸ちゃん奮闘記 ー第3弾ー


新宿から荒川区の町屋までというお客様をお乗せしました。

東京の下町である荒川区町屋は何度も行ったことのある場所でしたが、新宿からどういうルートを通って行くのが最短なのか、即座に私には分かりませんでした。
よく知っている場所と場所とを結ぶルートなのですが、道路が複数あり、最適な経路が分からないというケースでした。

そのお客様は、新宿から荒川区町屋までタクシーをよく使われるようで、乗車しながらルート案内をしていただくことになりました。

お客様の指示で、大久保通り〜諏訪通り〜明治通り〜学習院下から不忍通り〜尾竹橋通りと経由して町屋に到着しました。知っている通りばかりでも、それをうまく繋ぐと目的地まで最短ルートで行けるということは、実際に走行してみないと思いつかないものでした。

その後、新宿から文京区の護国寺までというお客様をお乗せしました。以前なら、どういうルートを通ろうか悩んだかも知れませんが、町屋までお乗せしたお客様の経路付近に護国寺があったため、迷うことなくお送りすることができました。

「タクシー乗務員の地理知識って、こうやって増えていくんだな」と、思いました。

ページのトップへ戻る